血糖値改善に挑む夫婦ブログ

血糖値に問題のある夫婦が、一人のお医者様との出会いによって、血糖値が改善されていく様子を面白おかしく綴ります。

血?

あっ、ここでの「家族」ですが、「血のつながりのある」という事です。 

 

お姑さんが「高血糖」でも、それはあなたには影響していませんよね(笑)。 

でもこれ、血糖(けっこうでした)勘違いします。 

「家族だ!」と思っていらっしゃるという事で、とても幸せなことではあり

ますけど。 

 

さて、私の妊娠中の「高血糖」という検査結果に、げんさんが言った言葉。 

「子供大丈夫?」・・・そうよね。心配よね。 

数か月後、娘は無事生まれました。ほんとは、何事も無かったとは言えないん

ですが、どうにか一緒に退院できたので、ノープレブレムということにして

あります。 

 

でも、出産のときの出来事が、高血糖と関係があったんじゃないかと、今に

なって気になりだしたのも事実。 

 

これって、もしかしたら数年後の「糖尿病」の予告だったかもって思っています。 

ほんと、今だから言えるんですけど。 

 

さて、実家から我が家にもどり子育てが始まりましたが、じゅんちゃんの子育て。 

特に食育(昔からこの言葉ありましたっけ?)に、問題はなかったのか? 

 

はははは。あるに決まってますよね。 

 

だって、まだ若くて「病気と自分たちは、なーんも関係ないわさ。おいしいものを

食べようぜ!」と思っていたわけですから。 

 

若いころは、「おいしいもの=高カロリー」のものが「食べた!」という感じが

しました。 

どうしてなのでしょうか? 

体が、欲しがるのでしょうか? 

 

当然ですが、魚より肉ですし。かみごたえですかね? 

 

「素材本来のうまみ」なら、野菜が一番ですし、魚もたくさんの種類があって、

それぞれに味があります。 

 

それが理解できて、心の底から「おいしいね。幸せだね」と言えたのは、子育てが

終わってからのような気がします。