血糖値改善に挑む夫婦ブログ

血糖値に問題のある夫婦が、一人のお医者様との出会いによって、血糖値が改善されていく様子を面白おかしく綴ります。

かおに何かついてるぞ!!

げんさんの転勤先での生活も4年目には、家族が5人まで増えました。 

 

二男が生まれるときは、妊娠7か月くらいまで自転車に乗っていました。 

しかも、前と後に3歳の長女と1歳の長男を乗せて。 

 

若さってすごいですね。実質4人乗りですよ(笑)台湾のバイクみたいです。 

 

だから、血糖値が上がる暇もないんだと思います。しかも代謝もいい。 

顔に、シミもない。ほんとにシミひとつ無かった。・・はずのなに。 

 

ところが、二男を出産してからです。 

年齢は、30歳を超えていました。 

 

ある日、鏡を見るとシミが。 

「えええ、うそでしょ。なにこれ?」とパニック。 

いきなり、出てきたんです。 

目のわきに1㎝位の円形のシミです。 

しかも盛り上がってる。 

 

「えっえっ、うそでしょ?」・・いやー現実です。 

 

あれこれ化粧品を買いあさり、どうにか「生協」で売っていた美容液でシミが「はがれた」んです。消えたんじゃないんですねこれ。はがれたんです。無理やりはがしたかな?覚えていないくらいパニックでした。でもさらに、ここからが問題でした。 

 

ここを境に、シミが徐々に出現したんです。いまでは、このシミが一番の悩みです。 

何をやっても消えない。 

長女には、一回旅行に行くのを止めて、レーザー治療をやりなさいと言われるほどです。 

 

数年前からは、高校生がお化粧をするのも当たり前ですし、日焼け止めを塗らないなんて「信じられない!!」と言われますし。 

 

そうです。私たちが若いころは、「小麦色の肌」が魅力的だったじゃないですか? 

どうしてくれるんじゃい?